【タナトス/十字架を背に】

ライムント・ザイファルト Raimund Seyfarth

グローラの祖父その人。
強烈なエコーのせいで何言ってるのか分からない。
本人より鎌のほうが断然強い。

ステージの特徴

空中回廊?とにかく即死しやすい。
常に落下死の危険がつきまとうため、安全に進みたいならアインやツヴァイを使うのが良い。
途中から足場が崩壊し始めるため急がなければならないと思うかもしれないが、足場はティアを追いかける形で落ちていくため、崩壊スピードは一定ではない。というか、アインとか使えば小休止できたりする。
崩壊足場の途中にも敵が設置されているため、リリィフロイデンシュタッヘルを常に出しっぱなしにしておくとそれなりに安全に進める。

対ボス戦攻略

ライムントさん。グローラの祖父であり剣の師匠。通称デス様。
最初は鎌がぐるぐると8の字を描いて飛び回り、ランダムに小鎌が現れて自キャラを狙ってくる。避け方としてはまず中央で待機、画面端で鎌がやや浮いたらジャンプで飛び越し、逆に鎌が沈んだらスライディングで潜り抜ける。とはいえ、慣れていても結構厳しいため弱点武器でとっとと倒してしまった方がいい。
弱点武器はグロールシュヴェート。大鎌に当たるな、小鎌に当たれ!

発狂後はデス様本人のご光臨。じりじりと間合いを詰めてくる様は威圧感たっぷりだが、逆にこっちが詰め寄るとじりじり後退していく様はなんだか微笑ましい。
吸い込み中は反対側の画面端へ全力で逃げて、大剣が落ちてきたら攻撃しよう。デス様が歩いているときに攻撃すると反撃が飛んでくるため、攻撃チャンスはここしかない。
弱点武器は溜めグロールシュヴェート。通常のグロールシュヴェートは効かない。クラーゲハルニッシュでも2目盛削れる。

なお、グローラモードの場合次のステージで十字缶が入手できない。
だからここで十字缶を使い切ってしまうと次のステージで手詰まりになる可能性があるので十字缶は2、3個温存しておくこと。

音楽

ステージ - Meteor Strike(いすみのかくれが)
イベント - 黒紫月 ~月彩の舞踏~Rebirth(神空廻廊)
ボス戦 - 15(AM3)

台詞

 戦闘開始時
「死は平等に訪れる……」「貴様の力、試して進ぜよう……」「真実は戦いの中に……」
 小鎌
「そこだ……!」「死ね……!」「滅べ……!」
 発狂時
「手加減はせんぞ……!」「その力認めよう……!」
 吸い込み→大剣(二つで1セット)
「その身に刻め……!」「絶望と、恍惚を……!」
「貴様の身体で……」「絶対なる失望を味わうがいい……!」
「はあぁぁぁっ……」「死いねえぇぇぇっ……!」
 反撃
「くらえ……!」「はっ……!」「一閃……!」
 弱点武器
「やるな……」
 弱点武器発狂後
「ぬぅおあぁぁ……」
 敗北
「ふっはっはっはっはっはっ……」「出直してこい……」
 敗北(発狂後)
「良い戦いだったぞ……」「ただ……逃れることはできん……(?)」
 勝利
「ッぐうああぁぁぁ……」「見事だ……」