グローラ・ザイファルト Grolla Seyfarth

前作アナザーモード主人公。魔剣グロールシュヴェートを操る魔剣士。
前作ではズィヒテとの信頼関係が描写されていたのだが、本作では魔剣に操られていたせいか
ズィヒテ関連のイベントでも出番がない。前作の境遇に比べるとどうも不遇な印象を受ける。

ステージの特徴

【亡者の村/血の邂逅】
カ○コン繋がりの魔界村風ステージ。わざわざステージ名に村という文字からもそれが分かる。
前作同様アンデッド風の敵が多く、アーサーは白骨化したまま戦っている。
中ボスのアスタロトがなかなか強く、そこを超えると滑りやすいエリアと、ステージはやや難しめな部類に入る。
これでアリーマーがいれば。

対ボス戦攻略

弱点はヴァイストイフェル
弱点の上、素早いグローラの動きを止めることができるが、グローラの攻撃は大ジャンプを伴うものが多く、
使うタイミングを間違えるとなかなか降りて来ずに効果時間を無駄にすることがあるので注意。

基本的な攻撃パターンは剣閃、ジャンプ斬り+ショートタックル、乱舞突進の3種類。
これに加えて、自機が画面端にいると大ジャンプして空中下突きを行って来る。
前作と異なり、剣閃はやや加速するような感じになっているので、接近を伴うジャンプ斬りの剣閃には注意。
また、ジャンプ斬りは直後にショートタックルを伴う事を覚えていないと被弾することになる。
ジャンプ斬りはスライディングで下をくぐるのが安全だが、グローラとの距離が近いと
今度は乱舞突進が回避しにくくなってしまう。距離をとって戦ったほうが安全。

発狂後は前作同様、広範囲を斬線で切り裂く攻撃を使用し始めるが、今回はガイドが出るため回避は容易。
発狂後はむしろ、スライディングで回避する必要のある剣閃が一番厄介かもしれない。

グローラと反対側の壁に接するほど距離を取っていれば(開幕時を含む)、まず間違いなく大ジャンプ+下突きを放つ。
隙が大きい行動のため、下突き中に一撃加える→反対側の壁へ...を繰り返せば、(間に剣閃や発狂攻撃が1発ほど飛んでくるが)かなり安定したパターンを組める。
しかし弱点武器で戦う場合は、大ジャンプ中に武器エネルギーが無駄になっていくので大ジャンプさせない方がいいかも。
パメラモードの場合も下突き中にチャージ斬り当てて離脱でおk。

入手武器

・アイスシュヴェート Eisschwert
日本語訳は「氷の剣」か。前方に敵や弾を凍らせる剣閃を放つ。
敵だけでなく弾や槍、魔法陣からの斬撃と道中のほとんどものを凍らせられる。
弱点とする正義のヒーロー(?)以外にはダメージを与えることはできず、凍っても時間が経つと溶けてしまう。
凍らせた物からは当たり判定が消え、また足場として使うこともできるため、道中攻略に極めて有用な武器。
フロイの特殊武器では数少ないチャージ可能武器で、チャージ版は画面全体に凍結判定を発生させる。

音楽

ステージ - Acid Rain(Sound Prison)
イベント - 黒紫月 ~月彩の舞踏~Rebirth(神空廻廊)
ボス戦 - 撃戦(タクミドットネット)

台詞

・戦闘開始時
「我が一閃を、その身に刻んで朽ち果てろ!」「地獄へ旅立つ準備はできたか?」「殺す…!」
・剣閃ほか
「ふっ」「はッ」「はあッ!」「やっ!」「やあっ!」「たあッ!」「ふっ」
・ジャンプ斬り
「砕けろ!」「朽ちろ」「息絶えろ」
・空中下突き
「油断したな」「そこだ!」
・発狂時
「真技解放!」「ぐゥおあああアアアッ!」
・斬線
「報いを受けろ!」「刻め!」「死ね!」「血を流せ!」「グロールシュヴェート!」
・弱点武器
「ぐゥッ!」
・敗北
「はっ…はあっ…私はっ…!」「弱者には似合いの最期だな」「もっとだ…もっと血を流せぇッ!」
・勝利
「ぐわあああぁッ!」「師匠ぉぉっ!」「無念だ…!」

声優

天乙准花(JUNCA AMAOTO あまおと じゅんか)
http://skydrop.my-cafe.jp/