ドリス・ヴァーミント Dolis Warmind

フロイに代わって8ボスを務める新キャラ。凄まじくデカいツインテールと手裏剣が特徴。
前作メンバーの属する実行部隊とは異なり、特務部隊の所属。シェラハの後輩にあたる。
真面目で能力も高いのだが、背が低いことをコンプレックスにしており、その事を突っ込まれるとたちまち激昂する。

フロイの代理かつ、ボスキャラコンテストの入賞キャラということもあり、ステージ・ボス共に高難度。
ある程度特殊武器が揃ってからの攻略を推奨。

ステージの特徴

【降臨の森/翠緑の旋風】
前作では登場しなかったジャングルステージ。前半8ステージの中では難しめな部類。
ステージの最初と中盤に登場するガッツマンステージのリフトは本家同様かなりシビア。
慣れるまでは無数のフロイが落ちまくるだろう。厳しければフリューゲルを使うのもアリ。
雑魚敵ではのみ男のようなトードマンもどきに注意。ジャンプ中に被弾するともれなく奈落の底である。

対ボス戦攻略

弱点はフロストファッケル
ただし、直接ぶつけるのではなく、接地した時に生える氷柱部分を当てる必要がある。
地上で手裏剣投げorスライディングを2回行った後、上昇して木の中に隠れ、
手裏剣ばら撒きor突進を2回行い、再び地上に降りてくるという攻撃パターン。
樹上から攻撃する時には直前に木の葉が落ちるので、出現位置を予想することができる。

手裏剣投げは∞のような軌道を描く。戻りに注意。スライディングはかなり速いが、前兆としてジャンプするので判別は容易。
手裏剣ばら撒きは一個一個避けていると被弾しがち。まとめて避けるのを意識するといい。
空中突進は手裏剣ばら撒きとの判別が難しいが、手裏剣ばら撒きは中央からしか行わないので、
中央以外から攻撃をしかけて来そうなときは突進が来るものと思っておこう。
なお、樹上からの攻撃は時々失敗して何もせずに落ちてくることがある。攻撃のチャンス。

発狂後は地上、樹上での行動が2回→3回になり、手裏剣ばら撒きが下降しながら小さい弾を大量に飛ばす攻撃に変化する。
スライディングでドリスの下をくぐる、あるいは中央に待機し、端へスライディング→ジャンプといった回避方法がある。

入手武器

・フロストクリンゲ Frostklinge
日本語訳は「氷の刃」か。シャドーブレードのように5方向への打ち分けが可能で、3連射できる。
弾は一定距離を進むと垂直に地面に落ち、そのままスピンホイールのように地上を転がって進む。
上下方向への攻撃手段の少ないフロイにとっては貴重な特殊武器なので早めに入手したい。

音楽

ステージ - Illusion Field(Wingless Seraph)
イベント - B10(RP-MUSIC)
ボス戦 - 撃戦(タクミドットネット)

台詞

・戦闘開始時
「ここを通すわけにはいかないぞ」「ミッション開始!」「背が大きいからって、勝てると思うなよ!」
・地上手裏剣投げ
「シュピラーレ!」「いっけぇー!」「どうだ!」
・スライディング
「やぁっ!」「そこだ!」
・空中手裏剣ばら撒き
「フェッセル!」「これなら!」「行くぞー!」
・空中突進
「疾風!」「突風!」「やあッ!」「こっちだ!」
・攻撃失敗
「はわわっ」「ふわあっ」「し、失敗したー!」
・発狂時
「お、怒ったぞー!」「今までは手加減していたんだからな!」
・空中大量自機狙い弾
「吹き荒れろ!」「この攻撃、かわせるか!」「舞い散れ!」
・弱点武器
「いったあい」「ふわああっ」
・勝利
「きょ、今日はこれくらいにしといてやる!」「シェラハ様ー!」「ちょ、調子が悪かっただけだからな!」
・敗北
「小さくったって、戦えるんだからな!」「勝利!」「ミッション完了!」

声優&キャラクターデザイン

声優:声優:鏑木はる
http://ajuca.boy.jp/sc/

キャラクターデザイン:ひっさつくん