リーベア・パレーシュ Liebea Palesch

戦いが嫌いな平和主義者。加えて超が付くほどのブラコン。
前作ではあまりの最弱ぶりに『エロいトードマン』というあんまりな異名がついてしまった可哀想な娘。
本作主人公フロイの魔力が前作の弱点ということで相当ひどい境遇が予想されたが、
通常ショットが弱点になってしまうという問題は本人ではなくホムンクルスが登場することで解決した。

ステージの特徴

【白の砂漠/偽りの愛を】
フロイから雪原ステージを受け継いでいる。しかしステージ名の「砂漠」の文字の通り、
ズブズブと沈んでいきある程度沈むと即死するという砂漠ステージっぽいところも併せ持つ。
ステージ道中に転がっている雪玉は、上に乗ってジャンプすると向いた方向に転がる。フレイムマンステージの足場が近いか。
中間以降は定期的に猛吹雪が起きて視界を遮る。トゲのある場所もあるので慎重に進もう。

中間手前の沈む雪に潜り、ある程度沈んだところで左に進むことで隠しアイテムを入手可能。
手に入れることでシュトルーデルが攻撃できるようになる。

また、上記の隠しアイテムが入手できるエリアのスタート地点から右方向にフリューゲルで飛んで行くと十字缶が入手できる。

対ボス戦攻略

弱点はフロストクリンゲ
エロいトードマン呼ばわりされた前作の姿はどこへやら、結構な強敵にパワーアップ。
基本的な攻撃パターンはマグネットミサイル、全方位8way×2+大玉、竜巻の3種類。
2回小ジャンプを行い、上記の3つの攻撃パターンに派生する。
発狂前の竜巻は常に画面中央から発生するため、中央を避けて陣取り、マグネットミサイルはスライディング、
8way+大玉は8wayの当たらない位置を見極め、大玉を誘導して回避する。

発狂後は各種攻撃が全て強化される。
マグネットミサイルは2発目が下方向に進んだ後、自機方向に進むよう変更され、1発目と挟み撃ちにするように襲いかかる。
ジャンプでの回避は難しいが、スライディングで回避可能。
8way+大玉攻撃は分身を2体作り、その分身から放たれるようになる。かなり回避しづらいが、
リーベアの位置に依らなくなるので慣れれば発狂前より楽に回避できるようになる。
竜巻は中央から出て左右に分裂or左右端に出てくるの二択になっているため、2つの間に陣取る必要がある。

入手武器

・フロイデンツヴィンガー Freudenzwinger
日本語訳は「歓喜の檻」か。前作のボスフロイが使用していた分身攻撃を再現した武器。
広範囲攻撃で威力も高く、ガード貫通性能まで持っており、大半の中ボスを一撃で倒すことができるが、
使用中も本人の当たり判定が消えず、ダメージを受けてしまうと中断されるという欠点を抱えている。
4発しか使えないという燃費の悪さと、使用中視界が狭まるという点も相まって、ボス戦ではやや使いづらい。

音楽

ステージ - 氷華(SHW)
イベント - dear(Vampire Revolution)
ボス戦 - 撃戦(タクミドットネット)

台詞

・戦闘開始時
「こんにちは。よろしくお願いします」「優しくしてくださいね?」「お手柔らかにお願いしますね」
・マグネットミサイル
「信念の刃よ!」「貫いて!」「リーベスマグニート!」
・全方位8way
「運命の光よ!」「当たって!」「リーベスファンカー!」
・大玉
「お願い!」「行って!」「弾けて!」
・竜巻
「高貴なる嵐よ!」「ここですか?」「リーベスシュトゥルム!」
・発狂時
「少し…強く行きますね」「お兄様…私に力を!」
・弱点武器
「やっ!」「嫌ぁっ!」
・敗北
「安らかに眠ってください」「痛かったですか?ごめんなさい」「お別れですね」
・勝利
「あああっ!」「お兄…様…」「もうダメ…です…」

声優

武田恵瑠々
http://spiralspirit.net/eruru/